スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ早苗とぬえの二人組をイチャイチャさせたかっただけなさなぬえ短編

とりあえずさなぬえ万歳。
何故!何故流行らない!?
と、暴走して書き上げた短編さなぬえ作品。



以下、私が投稿している場所から丸々コピー(ぁ


とりあえずさなぬえをイチャイチャさせたかったのです。
今回だけは諏訪子達も含めて、さなぬえ以外はまともにしてみたり。

ここから本音。
さなぬえが少なすぎて生きるのがつらい。
さなぬえ!いいじゃん!
いやに積極的な早苗!
恥ずかしながらも受け止めるぬえ!
他人にからかわれると恥ずかしがる早苗!
陰では早苗早苗いいまくってるわりに本人には何も言えないぬえ!
他にもさなぬえには魅力的な要素が沢山!どうですそこのお兄さんお姉さん?さなぬえ、やりませんか?
もっとさなぬえ流行れ流行れ流行れハヤレハヤレハヤレハヤレ
ウフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフ………………
「なんだかんだで早苗と会ってもうすぐ一年かぁ……」
「そうですね……」
「最初はエイリアンだと勘違いして近づいたのよね?」
「も、もう……その話は忘れてください……」
「あはは、ゴメンゴメン」
「でもそのおかげでこうしていられるんですよね……」
「そうね……思えば、色々なところにまわったわね」
「私が案内をしたときもあれば、案内されたときもあり」
「早苗は今の幻想郷にきてまだ新しいけどね」
「そういうぬえも、地上のことについてはまだ新しいほうですよね」
「まぁ、そうだけど」
「いつか、外の世界も案内してあげたいです」
「そのうち、行く機会が会ったらよろしく」
「ふふ……そうですね……私、ぬえと出会えたのは運命だと思うんですよ」
「運命?」
「そう。でなければ、外の人間と地底の妖怪とはくっつきませんよ」
「……それもそうね」
「ぬえ、私、貴女に出会えて、本当によかったです」
「……私も、早苗とこうしていられて、悪いと思ったことは一度も無いわ」
「もう……素直じゃないですね」
「……性格なんだから、仕方ないじゃない」
「それでは、その性格を今だけ捨てて、私に素直になってください」
「……へ?」
「ほら、早く!」
「も、もう…………早苗に出会えて、……本当によかったわ。も、もう、これ以上に無いぐらいに………幸せよ」
「……顔、真っ赤ですね」
「な、さ、早苗が言い出したんでしょう!?そ、それに、早苗こそ真っ赤じゃない……」
「そ、そりゃああんなに言われたら恥ずかしくもなりますよ……」
「……早苗から言い出したくせに」
「……それもそうですね。あ、ぬえ」
「ん?」

ハムッ

「……え?」
「口元に、ご飯がついてましたよ」
「い、いや……手でやれば……」
「子供っぽいですね」
「う、うるさいわね……」
「……キスじゃなくて、残念でしたか?」
「は!?んなわけない…わ……」

チュッ

「……へ?」
「今度は、しっかりとキス、です」
「さ、早苗……!!」
「嫌、でしたか……?」
「い……!……嫌…じゃないわ……」
「では嬉しかったですか?」
「う……うん……」
「顔、本当に真っ赤ですね」
「お互い様じゃない……」
「ふふ……そうですね」
















霊夢「……なに、あの二人」
魔理沙「あそこだけ空気が違うな……」
文「私のカメラでもあれは消せないようです」
咲夜「周りがピンクになっていわすわね……」
レミリア「運命を操って悲恋にしてしまおうかしら……」
フラン「私が破壊すれば……」
紫「……あの二人の間に境界を作ろうかしら」
幽々子「妖夢、あの二人を絶対に冥界に入れないでね。涼しさが無くなってしまうわ」
妖夢「わかっています。幽々子様」
映姫「今すぐここから立ち去ること。それがあの二人にできる善行ですが……」
輝夜「私も長いこと生きてきたけれど、前にも後にもあの二人を越える人はいないと思うわ……」
妹紅「私の炎よりも熱い……」
諏訪子「ねぇ神奈子、育てかた間違えた?」
神奈子「いや、あれは違う。あれは早苗の皮を被ったなにか……」
空「私の太陽のほうが熱いわよ!」
さとり「やめなさい、お空。あれには負けると思うわ」
こいし「まさか、私よりもハートを飛ばす人がいたなんて……」
ナズ「私のロッドが狂ってあの二人しか指さない……」
ムラサ「私が水をかけても蒸発しそう……」
小傘「わちきがいくら驚かそうとしても反応さえしてくれない~……」
白蓮「あの子も仲の良い友達作れてよかったわ」
一輪「姐さん、あれは異常です。今すぐぬえを止めるべきです」
霊夢「全く……誰よ、あの二人を鍋パーティに連れてきたのは……」
魔理沙「……スマン、私の判断ミスだ」
霊夢「……バツとして、次回は全額魔理沙負担で」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

自由人サキ

Author:自由人サキ
東方では主にさなぬえ、あやれいむ、こいマリ、ナズマリ
テイルズではユリリタ
が中心な小説を書く自由人(自称)

このブログにある小説の無断転載などはやめてください。

当サイトはリンクフリーです。
が、「リンクしました!」と言ってくださったら暴風雨の中を自転車で暴走するぐらいに歓喜します。多分。
平気です。馬鹿は風邪ひかな(殴

では、ごゆっくりと~

詳しいプロフィールはこっち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。